歯を食いしばる寧々の乳房を、まるで工事用の地盤を固める機械に載せたように、上下にぶるぶると震わせた

まるで俊輔の邪魔をしないシースルーの中、ふるるんと揺れ続ける双房を、下からすくうように恭しく持ち上げた。
「さあ、次は、おっぱいの芯を揺らしてみようか……」
どこで見かけた知識であったか、うろ覚えではあったが、一度試してみたいと思っていた愛撫を、このロケット美乳に施すことにした。
掌底に乳首があたるように調整し、膨らみ全体を包み込むと、五指の中で踊らせるように、ふるふると振動させるのだ。
「ひやっ、ああ、それいゃあんっ……。揺れてますっ、おっぱいの中で、揺れちゃうっ……。ああ、波打ってるのぉ……あ、ああっ、ああぁああああっ!!」
歯を食いしばる寧々の乳房を、まるで工事用の地盤を固める機械に載せたように、上下にぶるぶると震わせた。
ふるふるふる、ぴたぴたぴた、たっぷんたっぷんたっぷん──。
順に指の腹を乳肌にぶつけ、掌底に乳首を擦りつけながら肉房振動を大きくさせる。膨らみの皮下で、熟脂肪が波立っているのが手指から伝わった。
「あ、ああぁあああああっ、だ、だめぇぇええええええっ!」
ぶるんぶるんと派手に揺れるロケット乳。強烈な快感なのだろう。寧々が吹きあげる甘い汗に、淫靡な匂いがさらに濃厚になった。張りつめた乳肌が、破裂してしまうのではないかと心配になってくる。乳暈の薄紅までが、明らかに面積を広げていた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!