めり込ませた乳頭をさらに人差し指でぐりぐりほじってやると、甘い汗汁にまみれた薄紅がくちゅくちゅ啼きだすのだ

俊輔は、愛して止まない乳房の揺れを付け根から止めた。それでも揺れようとする乳暈の縁を爪の先でなぞってやる。
「いやん。そこは、そこはぁああああああっ」
切なく叫ぶ寧々の乳頭を、今度は、くにゅんとばかりに人差し指の腹で圧迫した。めりめりっと張り出している肉房に、可憐な乳首を元の位置に押し込んでやるのだ。
「やっ、んん……ああ、待って……あん、乳首を指で……あふう、うぅんっ!!」
めり込ませた乳頭をさらに人差し指でぐりぐりほじってやると、甘い汗汁にまみれた薄紅がくちゅくちゅ啼きだすのだ。
「ゃあぁっ、ふあ、ああぁ、ほじくっちゃいや、乳首ほじらないでぇっ!」
愛らしくも敏感に膨れあがった乳頭は、圧力が収まると、またすぐにせり上がり、さらに嬲られることを望む。早くとばかりに自己主張する薄紅を、人差し指の先でつんっ、つんっ、つんっと立て続けになぎ倒してやった。