めり込ませた乳頭をさらに人差し指でぐりぐりほじってやると、甘い汗汁にまみれた薄紅がくちゅくちゅ啼きだすのだ

俊輔は、愛して止まない乳房の揺れを付け根から止めた。それでも揺れようとする乳暈の縁を爪の先でなぞってやる。
「いやん。そこは、そこはぁああああああっ」
切なく叫ぶ寧々の乳頭を、今度は、くにゅんとばかりに人差し指の腹で圧迫した。めりめりっと張り出している肉房に、可憐な乳首を元の位置に押し込んでやるのだ。
「やっ、んん……ああ、待って……あん、乳首を指で……あふう、うぅんっ!!」
めり込ませた乳頭をさらに人差し指でぐりぐりほじってやると、甘い汗汁にまみれた薄紅がくちゅくちゅ啼きだすのだ。
「ゃあぁっ、ふあ、ああぁ、ほじくっちゃいや、乳首ほじらないでぇっ!」
愛らしくも敏感に膨れあがった乳頭は、圧力が収まると、またすぐにせり上がり、さらに嬲られることを望む。早くとばかりに自己主張する薄紅を、人差し指の先でつんっ、つんっ、つんっと立て続けになぎ倒してやった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!