諭すように囁きながら、指と指の間に乳頭を挟んだまま嬲る動きを制止させた

諭すように囁きながら、指と指の間に乳頭を挟んだまま嬲る動きを制止させた。
「ううううっ。俊輔さんの意地悪ぅ。お願いですから止めないでください。もう少しでイキますから……恥をかくまで……気持ちよくさせてくださいぃ」
シルキーボイスの語尾を甘く震わせ、寧々がその欲情を吐露した。
「んんんんん、はああぁん、ひ、ひだりもぉ、両方いっぺんなんて、もっとだめぇええええええええええええっ~~!」
ぐいっ、ぐいっと乳頭を斜め上方に引っ張り上げると、女体もつられて浮き上がる。今度はそこに押し戻すように圧し、ぐりぐりと肉房に揉みこんでやる。
がくんがくんと女体が激しく跳ねた。もう限界寸前だと、誰にでも判る牝姿だ。