諭すように囁きながら、指と指の間に乳頭を挟んだまま嬲る動きを制止させた

諭すように囁きながら、指と指の間に乳頭を挟んだまま嬲る動きを制止させた。
「ううううっ。俊輔さんの意地悪ぅ。お願いですから止めないでください。もう少しでイキますから……恥をかくまで……気持ちよくさせてくださいぃ」
シルキーボイスの語尾を甘く震わせ、寧々がその欲情を吐露した。
「んんんんん、はああぁん、ひ、ひだりもぉ、両方いっぺんなんて、もっとだめぇええええええええええええっ~~!」
ぐいっ、ぐいっと乳頭を斜め上方に引っ張り上げると、女体もつられて浮き上がる。今度はそこに押し戻すように圧し、ぐりぐりと肉房に揉みこんでやる。
がくんがくんと女体が激しく跳ねた。もう限界寸前だと、誰にでも判る牝姿だ。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!