たたみかけるように敏感乳首をくいくいと捻りあげた

たたみかけるように敏感乳首をくいくいと捻りあげた。
「んひぃいいっ!ああっ、感じます。ねえ、感じてるの俊輔さぁん。もっと、きゅーってしてくださいぃっ!」
すっかり暗示にかけられた寧々が、やらしい言葉を口にした。
「ああイきますぅっ、寧々、乳首で恥をかいちゃいますぅ……。ああ、くるぅ、おっぱいでイクぅうううううう~~っ!!」
色っぽくも切なく嬌声をあげ、胸乳をわななかせる寧々。凄絶に淫靡であり、どこか可憐ですらあった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!