どぴゅどぴゅぴゅっとまき散らされた熱い白濁が、膣全体にじゅわわっと広がり、子宮にべったり付着した

「あんっ、あぁんっ、ふううっ、あううっ、はああぁあああああ~~っ!!」
どぴゅどぴゅぴゅっとまき散らされた熱い白濁が、膣全体にじゅわわっと広がり、子宮にべったり付着した。
「あふぅんっ!あ、熱いっ!いやん、またイクっ、ああまたイッちゃうぅっ!」
どろどろの濃厚精液をばら撒かれ、深佳はうわ言のように絶頂を告げた。
熟れきった肉体が、びくびくっと何度も昇り詰めている。押し寄せる連続絶頂の波は、ついに息もできないほどの潮位にまで達した。
「ひいいいぃいいっ!!」
かつて誰にも聞かせたことがない絶息せんばかりの悲鳴を零し、悦びを極める。妖しく女体をくねらせ、白い頤を天に晒し、白目を剥きながら、あちこちをピクピク、あるいはヒクヒクさせて、熱狂のイキ様を見せつける。