深佳をさらなる官能の坩堝へと堕とすべく、巧妙な指先にクリトリスを狙われた

「うふん…あはああん……うん……あ、ああ、そこは……」
お腹のあたりをまさぐっていた手指は、さらに下方を目指し、やわらかく恥丘を覆う繊毛をあやされ、ついには媚肉の合わせ目に及んだ。
「あん、ダメよっ……今そこを触られたら…わ、私…ひっ……あ、ああぁ~~!」
深佳をさらなる官能の坩堝へと堕とすべく、巧妙な指先にクリトリスを狙われた。
輪郭に小さく円を描かれ、蕾の頭を転がされ、親指と人差し指に軽く抓まれ、擦られ、潰され、なぎ倒されと様々に嬲られる。肉芽はさらに硬さを増して、こらえきれないほど芳醇な淫波をジンジンと歌い上げた。
「ひっ、ゃあ、ああ……だめっ…おかしくなる……ああっ、こんなことって!!」
どんなに気をしっかり持とうとしても、性的な快感を得るためだけについている器官を弄ばれては、肉体が蕩けだすのを抑えられない。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!