脇から下乳の丸みまでの曲面を指先に捉え、ぞろりとなぞった

明快な返事をできないでいる寧々の乳房に、再び掌をあてがった。
「寧々が乱れる色っぽい姿、いっぱい見せてね」
力なくいやいやと首を振る寧々。それでいて、抵抗する様子はない。それをいいことに、俊輔はリンパの流れを意識して、脇から下乳の丸みまでの曲面を指先に捉え、ぞろりとなぞった。同時に、女体から立ち昇る甘美な匂いを肺いっぱいに吸い込み、舌を伸ばして首筋を舐めあげる。うっすらと汗をかいた素肌には、得も言われぬ官能成分を滲ませていて、舌先がぴりぴりと刺激された。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!