シルクのように滑らかな乳肌を、親指と人差し指の股の部分でしごきあげた

「ほらほら、張りが上がった。掌の中できゅうきゅうと張りつめているよ。乳肌に鳥肌立って、乳首のポツポツも浮き出てきた」
そろそろ頃合いと見定めた俊輔は、シルクのように滑らかな乳肌を、親指と人差し指の股の部分でしごきあげた。
肉丘に浮いた汗粒を削ぎ落としつつ、昂る激情を掌から熱く伝える。すると乳房は、さらにその内圧を高め、ぷりぷりぷりっと音を立てるように盛り上がるのだった。