ふつふつと湧き上がる昂奮に、我を失いながら俊輔は、乳房を根元からしごいた

ふつふつと湧き上がる昂奮に、我を失いながら俊輔は、乳房を根元からしごいた。
「あっ、あっ!!またイクっ、イクっ!!イクぅうううううううう~~っ!」
絶叫と共に、ガクガクガクーンと、女体が汗を飛ばしてのけ反った。