羽織ったままの白衣ごとブラウスを背中の方に落とし、艶めいた両肩を露わにされた

やさしい俊輔の手が、羽織ったままの白衣ごとブラウスを背中の方に落とし、艶めいた両肩を露わにされた。布地がそのまま床に落ちきらず、二の腕に引っ掛かったのが、我ながら淫靡な風情に思えた。
「深佳さん、きれいだあ……」
胸元にはまだストラップレスの黒いブラジャーが巻きついているのに、まじまじと見惚れる俊輔。男性の熱視線を浴びることが、これほど心地よいとは知らなかった。
「やっぱり、大きいんですね。今にもブラジャーからお肉が零れ落ちそうだ…」