椅子の横に陣取った寧々が、両手で美巨乳をすくい、たぷん、たぷん弄んでいる

「あん、そんないきなり……ああ、寧々さんまで……」
椅子の横に陣取った寧々が、両手で美巨乳をすくい、たぷん、たぷん弄んでいる。
「あぁ、姫さまのおっぱいって、やっぱりすごく大きいのですね」
ちょっぴり悔しげにつぶやく寧々の乳房も、深佳と比較するとそう変わらない。充分にマッシブで、谷間の深さは目を見張るほどだ。
「ね、寧々さんだって、大きいじゃない……。ん、あぁん……そ、それに私よりも張りがぁ……ああん」
寧々の乳房への愛撫には、同性ならではのものがある。副乳のあたりにまで中指をあてがい、掌全体を波立たせるように刺激を加えている。早くも甘勃ちしはじめた乳首を、掌底に擦りつけ、火照りを促していた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!