頬の稜線を朱に染めて、深佳の股間に朱唇をぴったりと張り付け、ぴちゃぴちゃと淫らがましい音を立てて舐め啜るのだ

「ひあぁっ!」
内ももの乳白色の筋肉が、ピーンと硬直した。千夏の手指が、クリトリスを探り当て、その頭をクリクリと刺激している。
淫裂に吸いつく舌の感触は、深佳の官能の限界を超えようとしているようだ。いつも以上に激しく身を捩り、腰がくね踊り、口から絶え間なく嗚咽を漏らしている。
「や、やめっ……あっ、ああっ……」
敬愛する姫さまが自らの舌先であられもなく乱れゆくことに、千夏も興奮を隠せずにいる。頬の稜線を朱に染めて、深佳の股間に朱唇をぴったりと張り付け、ぴちゃぴちゃと淫らがましい音を立てて舐め啜るのだ。
充血した肉芽も、あやし続ける。細指でやさしく摘み、くりんと揉み潰している。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!