淫裂には、堅く窄まされた千夏の舌先が、ずっぽりと刺さっていた

「ふひっ、ふうんっ、はああぁっ。もうダメっ、壊れるぅっ~~!」
淫裂には、堅く窄まされた千夏の舌先が、ずっぽりと刺さっていた。膣内を同性に舐められているのだ。
「あひい、あ、あううっ、ヴァギナ、舐めないでぇ」
焼け火箸でも押し付けられたかのような衝撃に、深佳は脂汗の滲んだうなじを大きく反らせ、快美な嫌悪感に全身をわななかせた。どんなに凛としていて、気高く見えても、その本質は牝である。貪欲な熟肉は、とことんまで快楽を貪り尽くさんばかりに、婀娜っぽい腰つきを、くいっ、くいっとひらめかせ、舌抽迭の手助けさえしている。それが無意識のうちの行為であるだけに、なおのこと淫靡に映った。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!