淫裂には、堅く窄まされた千夏の舌先が、ずっぽりと刺さっていた

「ふひっ、ふうんっ、はああぁっ。もうダメっ、壊れるぅっ~~!」
淫裂には、堅く窄まされた千夏の舌先が、ずっぽりと刺さっていた。膣内を同性に舐められているのだ。
「あひい、あ、あううっ、ヴァギナ、舐めないでぇ」
焼け火箸でも押し付けられたかのような衝撃に、深佳は脂汗の滲んだうなじを大きく反らせ、快美な嫌悪感に全身をわななかせた。どんなに凛としていて、気高く見えても、その本質は牝である。貪欲な熟肉は、とことんまで快楽を貪り尽くさんばかりに、婀娜っぽい腰つきを、くいっ、くいっとひらめかせ、舌抽迭の手助けさえしている。それが無意識のうちの行為であるだけに、なおのこと淫靡に映った。