ずぶりといきなり指を埋め込んでも、さほどの衝撃もなかったろうと思われるくらい、二人の淫裂は熱く潤んでいた

右側の胸板にすがりつき甘く啼く千夏。
「そ、そんないきなり……はううぅ、んんっ!」
左側で巨乳を擦りつけ、悩ましく呻く寧々。
「いきなりって言ったって、二人共すっかりびしょ濡れだよ。深佳を責めながら疼かせていたんだね……」
ずぶりといきなり指を埋め込んでも、さほどの衝撃もなかったろうと思われるくらい、二人の淫裂は熱く潤んでいた。
埋め込んだ指で、膣熱をぐるぐると撹拌させる。まとわりつく襞の長さ天上のざらつき、ヴァギナの位置さえも、上付きの千夏と下付きの寧々とでは違っている。
女陰の神秘に想いを馳せつつ、二人が思わず足を浮き上がらせるほど、ぐいぐい深刺しを味わわせる。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!