そう言いながら寧々は、自らの帯も解いて、艶やかな肌を露呈させた

「そうですよね。姫さまだけに恥ずかしい思いをさせるわけにはいきませんね……」
そう言いながら寧々は、自らの帯も解いて、艶やかな肌を露呈させた。そこには慎み深い巫女の姿はない。その場の雰囲気に酔う美しくもふしだらな美女がいるだけだ。