深佳の付け根のあたりをしきりにまさぐっていた千夏の手指が、濃紺のショーツをグイッと引き下げ、そこに小さな顔を押し付けた

「ひう、あはあぁ……な、なっちゃん、ダメぇ……」
深佳の付け根のあたりをしきりにまさぐっていた千夏の手指が、濃紺のショーツをグイッと引き下げ、そこに小さな顔を押し付けた。
「ダメっ、そんなとこ舐めちゃいやぁ…おんなどうしでそんなぁ」