膨らんだ薄茶色の乳首を頬張り、舌先で転がしているようだ

「あうぅっ!」
仔猫のように薄い舌に粘膜を擦られ、ビクンと怖気を振るった。
「ああぁぁっ…だ、ダメぇっ!はっつぅ……な、なっちゃん、ダメよっ、ああ、寧々さんも……はっくううっ」
深佳の乳房には、寧々の唇が吸いついている。膨らんだ薄茶色の乳首を頬張り、舌先で転がしているようだ。