スパッツに包まれた尻が、まるで小馬鹿にするようにプリッ、プリッと激しく左右に捩れながら

「私が言ってるんだから、もういいの。しつこくしないで。わかったわねっ」
ドアを開けて比佐子は部屋の外へ出た。スパッツに包まれた尻が、まるで小馬鹿にするようにプリッ、プリッと激しく左右に捩れながら奥寺を置き去りにしていった。