巨尻が衝撃にタプンッと大きく揺れた

「キャアッ」と叫んで女体が床に這う。巨尻が衝撃にタプンッと大きく揺れた。
ただで会議室から出すわけにはいかなくなっていた。咄嗟に比佐子の背に馬乗りになった。Tシャツを脱ぎ去り、それを使って後ろ手に縛りあげていく。
「なにするのっ。やめなさいよっ」と叫ぶ声には、さきほどまでの余裕はない。震えを帯びた声音が奥寺を鼓舞した。肉体の深奥から獣性が激しく突きあげる。
立ちあがると、眼下で巨尻が蠢いている。奥寺は憤怒に任せ、巨尻を踏みつけた。
「ああっ。やめてよっ。やめてえっ」
比佐子が喚き、身をもがく。もがけばもがくほど、奥寺の足の下で巨尻はもぞもぞと妖しく揺れる。ひときわ強く踏みつけると、尻肉がぐにゃりと歪んだ。ゴムまりを思わせる尻の弾力が靴底を跳ねかえす。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!