乳首をつまんだまま、弓を引くように思いきり下へ引っ張り、左右いっぺんに解放する

親指と人差し指につまんだ乳首を抉っていく。押しつぶし、クリクリと転がす。見るみる乳首が硬直していく。硬い触感に狂喜した。男を病みつきにさせる乳首だ。
のみならず、比佐子の表情が変わりはじめた。色白の美貌が上気し、うっすらと紅潮している。朱唇が複雑にわなないているのは、望まぬ官能の昂りのためか。
乳首をいびりまわしながら顔色をうかがうと、比佐子はくなくなとかぶりを振った。
「やめてよっ。やめてってばっ……。く、くううっ……」
「苦しそうじゃないか。ええっ?乳首が弱いとは、所詮は女だな。あははっ……」
乳首をつまんだまま、弓を引くように思いきり下へ引っ張り、左右いっぺんに解放する。下向きの巨乳がタプンッと揺れ、「あ、ああんっ!」と甘い鼻声がもれた。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!