軟体動物を連想させる妖しさと艶めかしさで、巨尻が縦横にくねっている

「あっ、あっ。イヤッ。やめてよっ。あっ、ああっ」
軟体動物を連想させる妖しさと艶めかしさで、巨尻が縦横にくねっている。魔指を振りほどこうという仕草も、奥寺の目を楽しませるだけだ。かまわず肛門をこじ開けにかかった。魔指を微妙に操って、徐々に食いこませる。ほどなく第一関節まではまりこんだ。括約筋が関節をキュッと締めつける。血流が滞るかというほどのきつさだ。
「抜いてっ。抜いてよっ」
比佐子が狂おしげに尻を振っている。締めつけは変わらない。むしろ尻を振るほどに、魔指の関節に深く食いこむ。体熱も伝導してきて、指先がふやけてしまいそうだ。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!