そういう割りには咥えこんでるぞ。まさか石原比佐子が尻穴でも感じるとはね

「そういう割りには咥えこんでるぞ。まさか石原比佐子が尻穴でも感じるとはね」
「言わないでっ。ああっ……お尻がっ……や、破れちゃうっ……う、ううっ……」
恐れた声を聞きながら、指を少しずつ進ませる。唾液を垂らして潤いを補給するのも忘れない。指を左右にねじりまわし、ミリ単位の微妙な前後動を時折り入れて括約筋の弛緩を誘いながら、隙を見て穿っていく。難所の第二関節も、強い圧を加えると呑みこまれた。直腸粘膜が絡みだし、比佐子の体内を侵している実感が湧いてくる。
奥寺は空いた左手を使って、魔指が肛門に咥えこまれた光景をも至近距離から撮影した。久方ぶりのフラッシュが焚かれ、虚を衝かれた比佐子が「ああっ」と喘いだ。
「また……また撮ったのねっ……」