屹立しきった肉刀をまっすぐ肛門に突きたて、浴びせ倒すように体ごと圧力をかける

屈辱をなすりつけるには絶好の狙い目だった。巨尻の直後に立ち、右手で肉刀をかまえる。唾液を念入りに垂らしこんだのち、肛門に向けて切っ先を突きつけた。
「ひっ」
切っ先が尻肌に触れ、女体が蠢いた。たまらず比佐子が振りかえろうとする。
しかし拘束された状態では限度がある。委細かまわず、奥寺は犯しにかかった。屹立しきった肉刀をまっすぐ肛門に突きたて、浴びせ倒すように体ごと圧力をかける。
「やめてええっ!」
哀訴の絶叫を聞きながら切っ先を埋めこむ。半分ほど埋まったのを目視すると、再び体を浴びせた。
「おまえなんか、これぐらいされたほうがいいんだ。舐めやがって……」
「ま、まさかっ……まさかっ、そんなっ……あっ、あああっ!……」
見事に切っ先が埋まった。臍をはめこんだかのように、肛門と肉刀ががっちりと接続された。比佐子の腰を抱え、腰を使いはじめる。括約筋が刀身を食いしめてくる。切っ先に直腸粘膜が絡みつく。指とは比較にならないほどリアルな肉の感触だった。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)
白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。
コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。
熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。
初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。
哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。
五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!