次期社長夫人というに相応しく、秘所では下草が贅沢すぎるほどに繁茂している

それでも飽きたらず、右手を徐々に比佐子の乳房から下腹部へと移動させていった。肌に張りついているスパッツをかいくぐり、女の秘所に魔手をこじ入れたのである。
「もうやめてっ。許してっ」
許しを乞おうとしてか、手を拒もうとしてだろうか、比佐子が巨尻を振っている。
奥寺は無視して手を忍ばせた。次期社長夫人というに相応しく、秘所では下草が贅沢すぎるほどに繁茂している。施した唾液が伝わっていたと見え、意外なぐらいに潤っている。それをかきわけ、牝芯を探りにかかった。
「あっ、あっ。どこをさわってるのっ」
比佐子の尻振りが激しくなる。奥寺の下腹に尻肉がプリプリと擦れる。
抵抗も空しく、魔手は牝芯を探り当てた。中指の先に牝芯を捕らえて振動を与える。
女体から緊張が抜け落ち、沈みかけた。
「駄目よっ。駄目っ……やめてっ……んっ、むむむっ……はあああっ……」
比佐子が身を捩って性感を訴える。くねっと官能的な身悶えだ。それに伴い、これまでにも増して肛門の食いつきが強まった。肉刀を呑みこもうかという勢いである。