自由に動けぬ体勢で尻を犯されながら、ピクピクと刀身を食い締める

一気に告げ、怒りの肉刀を突きあげた。巨尻が大きく弾み、尻肌が波を打った。牝芯嬲りと乳首いびりも再開させる。比佐子が絶望の喘ぎ声をあげた。
先に比佐子の堕ちるのを見届けるべく、奥寺は射精の衝動を抑えた。心を無にしてひたすらリズミカルに尻奥を穿ち、念入りに乳首を捏ね、牝芯をひたひたと刺激する。
反応が表われるのに、さほど時間を要することはなかった。比佐子の官能のボルテージが高まっていく過程は、肉刀でひしひしと実感された。
肛門の収縮するピッチが速まっていく。自由に動けぬ体勢で尻を犯されながら、ピクピクと刀身を食い締める。巨尻を派手に振りたくり、あられもない奇声を発する。切迫するにつれ、身体全体は震えだした。
「どうした。そんなにイキたきゃ、思いっきりイッていいんだぜ。フッフッフッ」
聞こえよがしに笑いを浴びせると、犯された巨尻をひときわ狂おしげにクイックイッと振り立てている。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!