はああっ、はああああっ、と腹式呼吸を思わせる吐息が唐突に聞こえ、肛門の食いつきが俄然強まった

「い、イヤよっ……あっ、あううっ……。いっ、いいいっ……い、意地悪っ……くううっ……お尻がっ、こ、壊れちゃうっ……さっ、裂けるううっ……うむむむっ……」
「いいのか、イヤなのか、はっきりしろよ」
からかい半分に爪の先で牝芯をピンピンッと弾き飛ばすと、ついに比佐子は歓喜の叫びをあげた。まるで媚びを売るように、いや、快感からの無意識の動作であろうが、奥寺の眼下で巨尻が大袈裟に振られた。乱れきった髪が寂しげに打ち揺らされた。
「こ、困るのっ、困るのよっ。許してっ……本当にっ……あああっ……」
はああっ、はああああっ、と腹式呼吸を思わせる吐息が唐突に聞こえ、肛門の食いつきが俄然強まった。かと思うと、女体が凄まじい勢いで痙攣した。ここぞと奥寺は牝芯への刺激を強め、肉刀をズブリと尻奥深く突入させた。受けとめた肛門は、刀身の逞しさを堪能するかのようにキリキリと食らいつく。
「あっ、あっ、あっ、だ、駄目っ……い、いいいっ……イクッ、イクイクッ……うっ、うあっ、うああああっ!……」
獣じみた歓喜の絶叫を残し、比佐子が脱力した。スツールに身体を凭せかけ、がっくりと首を垂れている。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!