お尻の形がプックリと透け、割れ目の線は丸見えだ。

奥寺は、比佐子の大ぶりな腰を抱き寄せた。肛洞の最深部を肉刀で抉り、満を持して埒を開ける。精が放たれた瞬間、比佐子の巨尻がピクンッと一度小さく跳ねた。
マシンジムに戻った比佐子の姿は異様なものだった。
髪とメイクが崩れ、目が虚ろなのに加え、スパッツの上にスポーツタオルを腰巻き風に巻いている。バスタオルに較べてサイズが小さいスポーツタオルは、マイクロミニスカートのようにも見えた。お尻の形がプックリと透け、割れ目の線は丸見えだ。比佐子はタオルがずり落ちるのを気にしてか、留めたところをしきりと気にしている。