ドリルのように尖った舌先が、肛門をこじ開けて体内へ忍びこんできそうだ

羞恥に身を捩っていると、尻を抱えられた。だがとうとうまた犯されるのかと絶望した矢先である。「ひ、ひいいいっ!」と叫んで比佐子は激しい胴震いに見舞われた。
「感じやすいんだな。フフフフッ。これが石原比佐子の尻穴の味か」
「やめてえっ。舐めないでっ。ひいっ。ひいいいいっ!」
奥寺の舌が肛門を小突きまわしている。ドリルのように尖った舌先が、肛門をこじ開けて体内へ忍びこんできそうだ。背筋を伝う快美な感覚に、比佐子は身悶える。
乳首や牝芯を責められるのともちがう、独特の体感が比佐子の官能を惑乱させていく。レイプの余韻さめやらぬ肛門は、一日経ってもひりひりした感覚が消えていない。そこを舌ビラで小突かれると、全身が脱力させられるほどの快感が襲った。最後に奥寺は割れ目に顔を埋めてきて、肛門を一気に吸いあげた。
「ひっ、ひいいっ!ひいいいいっ!」
クラクラッと眩暈がした。尻肉をつかんでいた両手が床上にすべり落ちる。高々と尻を突きあげた体勢のまま、比佐子は初めての肛悦に酔いしれている。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!