夫にすらさらしたことのない排泄部位をこうして外側から押しひしがれると

「しょうがない女だな。あれほど嫌がっていたくせに。でもまだ序の口だ」
宣告につづいて男根が肛門に押し当てられた。舌ビラよりもはるかに熱い。爛れきった肛門がじわりと瞬時に炙られた。比佐子の身体がブルッと勝手に身震いをする。
「もっとケツを後ろへ突きだせ」
「は、はい……」
命じられるままにお尻を差しだす。焼き鏝さながらの尖端がグイッと肛門に圧を与える。夫にすらさらしたことのない排泄部位をこうして外側から押しひしがれると、まぎれもなく自分は犯されている、穢されているという実感がした。
やがて尖端部分がすっぽりと収まり、徐々に肛洞を浸食されていく。こうして昨日の体感がまざまざとよみがえったのも束の間だった。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!