腕が胴に巻きつき、女体は尻を差しだす惨めな姿勢のままだ

奥寺は飽くことなくいたぶりつづける。その間にも男根は肛洞を押しひろげ、尻奥まで達した。それだけでも動けなくなる。腕が胴に巻きつき、女体は尻を差しだす惨めな姿勢のままだ。無防備となった急所をローターの無慈悲な振動が苛んでいく。
さらに奥寺は腰を送りはじめた。肛門が掠められ、尻奥が穿たれる。比佐子は否応なく官能の渦に巻きこまれた。
「駄目っ、駄目っ。もう駄目っ。駄目だってばっ。……あ、いいいいーっ!」