濃紺のハイレグ水着が尻の谷間に深々と食いこみ、ほとんどTバック状態だ

珠実が水から去る気配を見せた。取り囲んでいた者たちが反射的に道を譲った。睨みつけてから背を向けると、プールサイドに両手をついてスッと身体を浮かせた。
泳ぎこんだせいだろうか。濃紺のハイレグ水着が尻の谷間に深々と食いこみ、ほとんどTバック状態だ。雪白の尻肉が大きくはみ出ている。片足をプールサイドにかけると股間が大きく開き、水からあがった時には、ますます食いこみが激しくなった。
珠実は食いこみを気にする素振りもなく、これ以上ないような早足でプールの出入り口へと向かう。小ぶりな尻の下半分は肉がはみ出して、歩を進めるたびにプリプリと憎々しげに弾んだ。