膝立ちから覆いかぶさり、切っ先を股間の中心部へ合わせていく

奥寺が右手で肉刀をしゃくりながら、珠実の股間にポジションを取った。膝立ちから覆いかぶさり、切っ先を股間の中心部へ合わせていく。
「イヤッ。イヤああっ!」
切っ先が恥裂に触れた瞬間、熱っぽさとヌメッとした質感に怖気を震った。珠実は肩を聳やかすように身体を捩らせ、頭上へと伸びあがる動きをする。
ところが奥寺は、余裕たっぷりの笑みを見せつけながら、じっくりと追いまわす。切っ先でゾロリと恥裂をなぞりあげ、それに怯えた珠実が身体を伸びあがらせると、じわりと尾行してまたなぞりあげる。幾度逃れてもその繰りかえしだ。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!