珠実は魔指を呑みこんだお尻を弱々しく振り立てた

「さあ、はっきりしてもらおうか」
答えを促すかのごとく、魔指がズンッ、ズンッと尻奥を穿った。
「イヤッ。もう許してっ。さっき抱かれたじゃないのっ。お尻なんて絶対イヤッ。私が悪かったわ。あの人にも謝る。だからっ……」
珠実は魔指を呑みこんだお尻を弱々しく振り立てた。