引くごとに肛門が捲れかえり、赤々とした粘膜が顔を出す

なにかが閃いて、一旦奥へ突きこんだのち、またぎりぎりまで引く。同じ甘声が聞こえてきて、珠実の小尻が切なげに揺れた。肉刀をきっちり咥えこみ、味わい尽くす風情だ。奥寺は、浅めの深度での律動に切り替える。刀身の半分ほど肛洞に残し、小刻みに腰を送りだす。引くごとに肛門が捲れかえり、赤々とした粘膜が顔を出す。
途端に、甘声が頻繁に珠実からもれだした。情感と粘り気に満ちた甘声だ。