結局は奥寺の鼻先にパックリと開いた女の秘所を突きだすこととなった

奥寺はそう告げるや、魔指の腹でひたひたと牝芯を叩きはじめた。飽くまで軽く、優しく、赤子を愛でるかのような繊細なタッチである。それまでと打って変わってじんわりとこみあげるのは、身も心も蕩けさせる甘い微悦だ。疼きだした腰が便器の上でズルッと前方へ滑った。もっとして、と責めを乞わんばかりの体勢になってしまう。
そんなつもりはなくても、体勢を立て直すには性悦が甘美すぎた。間断なく牝芯を愛でられて腰が砕けそうになる。結局は奥寺の鼻先にパックリと開いた女の秘所を突きだすこととなった。
「いい景色だ。小堀恵里子のご開帳とはねぇ」
嬉々たる声音を聞かせつつ、奥寺はひたひたと微悦を送りこんでくる。