牝芯をねぶっているのとは別の魔指が会陰を下っていったかと思うと、肛門の窄まりでぴたりととまった

「もっといいことをしてやろうか」
頭がぼうっとして、奥寺の言葉も右から左へと過ぎていく。
だがその意味を思い知らされたのは直後であった。牝芯をねぶっているのとは別の魔指が会陰を下っていったかと思うと、肛門の窄まりでぴたりととまった。それから肛門へ一直線に食いこんでくる。
「あ……ああっ……ど、どこをっ……」

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!