唇を噛みつつ、逆Vの字の二本の指で恥裂をみずから開いていく

「今度はおまえの手でもっと奥までさらけ出すんだ」
恵里子はただ息を呑んでいる。そこで膝に添えられていた白魚の指を取り、恥裂に持っていく。人差し指と中指で逆Vの字を作らせ、さあ、これで開け、と迫った。
もう自分で自分の身を支える力すら残っていなかった。どうされるかわからないという恐怖が、逆に彼女を従順に仕立てた。唇を噛みつつ、逆Vの字の二本の指で恥裂をみずから開いていく。そっと薄目を開けてみれば、股間に蹲る奥寺がいた。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!