乳房に相応しい小ぶりな乳首は、すでに人妻とはいえ若さを反映してか、まだ硬さを残している

「あ、ひいいいっ」
肉奥で繋がりながら、乳房を存分に吸いあげた。乳房に相応しい小ぶりな乳首は、すでに人妻とはいえ若さを反映してか、まだ硬さを残している。歯間に挟んでカリッと噛んでみると、恵里子は赤裸々な反応を示した。硬直した肢体を右へ左へ揺らして強い体感に耐えている。しかし舌先でつつきまわすと、一転して甘い鼻声をもらしだす。こみあげる快感に身を委ねている。奥寺はいよいよ腰を使いはじめた。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!