奥寺は女体をがっちりと抱きすくめた。次いで徐々に身を起こし、対面座位を作る。恵里子の自重により、肉刀の切っ先がズブズブと肉奥を突き破った。
抱きすくめた女体をユッサユッサと上下に揺すり、奥寺はスラストを開始する。恵里子は天を仰ぎ、その美麗な肉体をバウンドさせた。
対面座位から生じる牝肉の収縮は、奥寺を大いに堪能させた。女体をバウンドさせるたび、ギュッと精を搾りとられていくかのようだ。膣洞の粘膜が粘っこく絡みつき、射精を誘おうとする。その都度、下腹に気合いを入れ、先走りを堪え忍んだ。
昂っていたのは奥寺だけではない。対面座位のハードな刺激は恵里子の官能をも揺さぶった。垂直にスラストを加える間、形のよい小鼻がピクピクとぴくついている。