時折りスラストを中断してやると、肉刀を噛みしめたまま美尻を左右に揺すりたてる

初めから奥寺はこうするつもりだった。前も後ろも犯した上で、忘れられない恥辱をなすりつけるつもりであったのだ。尻奥を蹂躙しながら恥蕾を嬲りつづけた。
恵里子は惑乱の極みに達している。奥寺が尻奥を叩くごとに「あっ、あっ、あっ」と混じりけのない足掻き声を発する。時折りスラストを中断してやると、肉刀を噛みしめたまま美尻を左右に揺すりたてる。優雅で気品に溢れた恵里子の面影は跡形もない。ただ肛穴から湧きあがる淫靡な体感のみがいまの恵里子を支配していた。