ああっ、お尻もっ……おっ、おっ、お尻にっ、お尻に響くっ、響いちゃうううっ!…

バイブの直撃が襲ったのは、まさにその瞬間だった。凄まじい波動を恥肉と肛肉に受け、恵里子はたまらず股間を押さえた。
「あっ、あああっ!やめてえっ!あっ、あっ、あそこがっ……ああっ、お尻もっ……おっ、おっ、お尻にっ、お尻に響くっ、響いちゃうううっ!……ひいっ、ひいいいっ!……」
両手で股間を押さえて恵里子は悶絶した。大勢の視線に恥ずかしい股縄とその陰に隠されたバイブの存在を透視された気がした。身体を折ってがっくりと跪き、それから完全に横たわる。驚いた生徒らが駆け寄ってくる足音を、恵里子は薄れる意識で聞いた。