どんな気分だ。嫌ってる男にこうしてケツを揉まれるのは。

絶句する間に、尻肉を握りこまれた。まるで毟りとろうとするように、グチャッ、グチャッと力任せに奥寺は捏ねまわしていく。同時に、再び顔を下からライトで照らす。眩しさにはっとすると、奥寺が傍らからにやつきながらこちらを覗きこんでいた。
「どんな気分だ。嫌ってる男にこうしてケツを揉まれるのは。ほらほら、もっとイヤがれ。フフフフッ」

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!