このままバイブを自在に駆使し、小癪な尻をいたぶりつづけて夜を徹してもいいとまで思った

「動かさないでえっ……。あ、あうっ……お、お尻がっ……」
尻奥を捏ねくりかえすと、理香はプリンッと尻を揺すり、肢体をぴくつかせた。
心細げな悲嘆の声が夏の夜気に漂っていく。苦悶の美貌が愉快極まりない。奥寺は肛環も擦りきれよとばかりにバイブを操った。ワセリンの効果は絶大なもので、どれほど荒々しく繰りだしてもスムーズに動く。グチュッ、グチュッと肛環を掠める音が、休みなく美尻の狭間からもれだしている。目を凝らしてみると、眉間の皺が厳しく刻まれている。食いしばった歯列が朱唇からのぞいた。体感に耐えて、身体を懸命に気張らせているのがわかる。
このままバイブを自在に駆使し、小癪な尻をいたぶりつづけて夜を徹してもいいとまで思った。数珠繋ぎの真珠が延々と肛洞を揺さぶり、直腸粘膜を徐々に食い荒らし、麻痺させていくようすが脳裏に浮かぶ。泣きくれる理香を想像すると、自然と頬が緩んでくる。奥寺はズンッと尻奥を抉り、鍛えられた硬質のヒップをピタピタと叩いた。