動かないで、と哀願しつつ、理香は肉刀を咥えこんだ美尻をみずから揺すりたてている

「そ、そんなっ……イヤッ……イヤよっ……」
びくついた声音が返った。
奥寺は後ろから体を密着させた。アナルバイブを膣洞に挿入しつつ、肉刀を美尻に突きつける。スレンダーな肢体がおののき、美尻が左右に打ち振られた。
「いい加減にあきらめな。こっちは明日の朝までかかったってかまやしないんだ」
「ほ、本当にっ……本当に、まさかっ……んぐっ、んぐぐっ!……」
尻奥に向けて突きこんだ途端、苦しげなくぐもり声がして、磔の女体がピクンッと浮いた。美貌が衝撃に上向いて、ロングの髪が奥寺の顔をはらりと撫でた。
「あ、ああっ……イヤよっ……。抜いてっ、抜いてよっ……あ、あっ、動かないでっ……お、お尻がっ……あうううっ……」
動かないで、と哀願しつつ、理香は肉刀を咥えこんだ美尻をみずから揺すりたてている。排泄器官に肉を繋がれた汚辱で、とてもじっとしていられないのだろう。
リズミカルに律動を開始すると、直腸粘膜がねっとりと刀身に絡みついた。そればかりか、膣洞に挿入したバイブの微動が粘膜越しにひしひしと伝わる。とりわけ最も敏感な切っ先に伝わると、それだけで衝動がこみあげてくる。病みつきになりそうな刺激だ。刺激を得るべく、おのずと尻奥を突きあげる動きにも拍車がかかった。理香の腰をがっちりと抱え、卑猥な腰を休みなく使う。