黙っていても布地が股間に食いこむ。小ぶりなヒップもはみだしてしまう。幾度も後ろに手を回し、食いこみを直していた。

極端に切れあがったハイレグなので、上背のある理香は少し身体を動かしただけで、いや、黙っていても布地が股間に食いこむ。小ぶりなヒップもはみだしてしまう。幾度も後ろに手を回し、食いこみを直していた。
スポーツ万能を自負する理香だが、水泳は例外だった。だがそれを明かしたら、奥寺につけこまれる悪い予感がする。結局、命じられるまま水着に着替え、とうとうここまで来てしまった。
しかしトレーナーの奥寺は水着でなく、いつものトレーニングウェアのままなのだ。
入り口を前に尻込みしていると、ハイレグのヒップをぞろりと撫であげられた。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)
白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。
コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。
熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。
初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。
哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。
五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!