即座に跨り、左右の乳房をそれぞれギュッと搾りあげた。小粒の乳首がまろびでる。

一気に肉刀を引き抜きざま、女体を仰向けに転がす。即座に跨り、左右の乳房をそれぞれギュッと搾りあげた。小粒の乳首がまろびでる。
喘ぎ声を理香はあげ、奥寺の腕をつかんで引きはがそうとする。
それにかまわず、涎を垂らして、左、右と息のつづく限りに乳首を吸いあげた。
「きいいいいっ!」
ガラスを引っかく音を彷彿とさせる奇声が器材庫に響く。奥寺の股間でスリムな肢体が強張りきって反りかえる。大波にたゆたうように奥寺の体が横揺れした。吸いあげるだけ吸いあげたのちに歯を立てて噛みこんでやると、肢体の硬直と反発はますます程度を増していく。奥寺の腕に爪が食いこむ。さらにちぎれよとばかりにグッと乳首を噛みこみ、キリキリといたぶれば、たまらず理香は哀訴の叫喚を引きつらせた。
乳首から離れた途端、女体が脱力した。ぐったりと仰向いたまま、ハァハァと胸を上下させている。ほっそりした両腕はバンザイの形に横たえられた。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!