ほどよく熟れた乳房や控えめに茂った下草、なにより豊かな熟尻が目を奪う

「どうだ。見てくれ。このケツ。プリップリしてやがる。あんた、よほど女のケツが好きらしいな。この女にもハメてみたくないか」
村松は舌なめずりしながら、山中靖代の盗撮映像を指差したものである。
プールで、スタジオで、更衣室で、靖代はことごとく盗み撮られていた。ほどよく熟れた乳房や控えめに茂った下草、なにより豊かな熟尻が目を奪う。
だが奥寺を揺さぶったのは、なんといってもトイレでの映像である。ストレッチパンツをおろして剥きだしになった熟尻が、至近距離から鮮明すぎるほど鮮明に記録されていたのだ。排泄中の目を閉じた面差しもあった。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)
白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。
コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。
熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。
初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。
哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。
五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!