靖代は両手で陰部を押さえ、身体を「く」の字に折りながら身悶えた

しかしそこで許されるはずもなかった。寄ってたかって急きたてられ、ふらつきながらも立たされる。もちろんストレッチパンツを脱げというのである。
嗚咽交じりにウェストの紐を解き、まず右脚を、次いで左脚を抜いた。これで残るはブラとセットのスポーツショーツのみである。
ハイレグのスポーツショーツを見て、二人の男はまたも色めき立っている。目を爛々と輝かせ、視線をショーツ越しに陰部へと集中させる。靖代は両手で陰部を押さえ、身体を「く」の字に折りながら身悶えた。
「恥ずかしいっ……恥ずかしいですっ……」