羽交い締めの体勢では逃れられない。村松の眼前で乳房がプルプルッと蠱惑的に横振れするだけである。

「イヤッ。イヤですっ……あ、あああっ!」
あわてて身体を揺るがせたが、羽交い締めの体勢では逃れられない。村松の眼前で乳房がプルプルッと蠱惑的に横振れするだけである。
その村松が乳房を強力につかみあげた。のみならず、ちぎれんばかりに搾りあげる。乳首が指間から飛びだした。靖代の眼下で、あたかも乳房は砲弾のように突きでている。さらにそれが揉まれに揉まれていく。村松はグチャッグチャッと捏ねまわしては、ひときわ強く握ってグラグラと揺さぶった。息がとまるほどの強さだ。無惨に形を歪められる乳房を、靖代は呆然と見下ろす。
やにわに村松が乳房に食らいついた。乳首ごと噛みちぎる勢いだ。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)
白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。
コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。
熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。
初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。
哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。
五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!