乳首が吸われ、噛まれ、転がされる。が、暴虐的に扱われたかと思えば、舌先でチロチロと小突いてきたりもする。

「ひいいいっ!」
靖代は羽交い締めの裸身を硬直させた。
村松の乳吸いは右を吸えば左、左を吸っては右と絶え間なくつづく。乳首が吸われ、噛まれ、転がされる。が、暴虐的に扱われたかと思えば、舌先でチロチロと小突いてきたりもする。勘所を押さえた乳嬲りは、村松の豊富な女性経験を想像させた。
こんな男に自分はつけ狙われてしまったのか、と靖代は畏怖した。呼吸をとめて体感を押しとどめようとする。しかし敏感な乳首を苛まれると吐息がもれ、全身がこそばゆくなるのを感じた。